初心者の 音読! イタリア語学習

ゆるくイタリア語を学習し続ける記録です。何年も入門~初心者レベルをウロウロしています。

25日目:緑になる

イタリア語で「緑になる」rimanere al verde は、「無一文になる」という慣用表現。その昔、ロウソクの底の部分が緑色で、そこまで使ってしまう(すべてなくなる)ということから、きた表現だそうです。へえー。(by 今週のテキストより)

日本では、「貧しい」といえば、「赤貧」「赤字」、の「赤」ですが、イタリアでは「緑」なんですね。色の連想って、国によって違っていて、おもしろいですね。

日本でピンク映画といえば、「そういう映画」ですが、英語だと、青い映画 blue film と表現するんですよね。

そういえば、世の中には、色彩心理学なんていうものもありますが、こういうのは、国ごと(それぞれの文化ごと)に違ったりするもんなのでしょうかね?

 

「緑になる」(↓)こんなマンガがありました。

全て緑になる日まで (白泉社文庫)

全て緑になる日まで (白泉社文庫)

 

 もちろん、「文無しになる」とはまったく関係ない話……だと思います。「すべて緑になる」で、すってんてんになってしまったら大変です。大島弓子さん、熱烈なファンのいる漫画家 さんですよね。昔、サバ……か、アジ……という名前のついた猫のお話を読んだことがあります。あれ……サバは、村上春樹だったか……? ううーん。

◇本日、テキスト45回音読。ノルマに達しませんでした!◇

 ↓ 応援してください。

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へ
にほんブログ村