読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者の 音読! イタリア語学習

ゆるくイタリア語を学習し続ける記録です。何年も入門~初心者レベルをウロウロしています。

1000回音読してみました!

このブログのタイトルも「音読!」ですし……、というわけではないのですが、まとまった量の音読に挑戦してみました。同じ文章を千回です。

f:id:mostarda:20170307170718j:plain

昨年末に、kindle unlimitedで「英語の神様」という、英語学習のノウハウを小説に落とし込んだ本を0円で読んだのですが、読了後、その中に出てきた、「音読千回」を無性に試したくなったのです(1万回……ではなかった…と思います。現在はkindle unlimitedを解約して、もう読めなくなったので、確認できないのですが)。

あんまり短い文章ではダメだろうと思ったので、過去のNHKラジオ講座のテキストを探して(←いっぱいある!)、「イタリア:24の物語」という、応用編でやっていた講座のテキストを選びました。CDも持っているので(←やっぱりいっぱいある……全然勉強できていない……)、音も確かめられます。文章量は、片ページの6割ぐらいのボリュームです。

これを毎日読んだり、ぜんぜん読まなかったりで、結局ダラダラ2カ月くらいかかってしまいましたが、先日、無事千回音読終了しました! パチパチ。

応用編なので、内容的にはわたしにはかなり難しいです。でも、わからない単語に書き込みを入れ、あまり深刻にならず(文法とかあやふやでも気にせず)、音読をしました。

さて、千回読むとどうなるか? 

やってみないとわからないのでやってみたのですが、まあ、どう、という変化があるわけじゃありません。でも、千回読むと、(ほぼ)確実に丸々暗唱できるようになりました。これは、長い目で見れば、たぶんなんらかの意味はあるように思います。

せっかくなので、この「イタリア:24の物語」を続けて音読していくといいのかなと思うのですが、1つの物語に2カ月かかったことを考えると、全部終えるのに、あと46か月かかることになります……。考えるだけで、暗い気持ちになりそう……。

ちなみに、「英語の神様」では、確か、3日で千回読んでいました。それくらいのスピード感だったら、いいですよね。でもそれには、1日中、読んでいないといけなくなりますから、通常の生活をしながらだと難しそうです。

 

(↓)kindle unlimitedなら0円で読めます。でも、有料でも100円。

実践的な英語を学ぶためのあれこれが書いてあります。目新しいところはそんなになかったと思いますが(まあ語学学習は結局王道ということです)、たまにこういうのを読むと、やる気を鼓舞するのに役立ちます!