もすもすスープの暮らし

記述には時差があります。ゆるくイタリア語を学習しています。

フィリップ・プルマン 新作 ”The Secret Commonwealth” 登場

気づかないうちに、フィリップ・プルマンのBook of Dust(ダストの本)の続編、“The Secret Commonwealth” が発売になっていた。

 前巻の “La Belle Sauvage” は読んでいるので、続きは読みたい…と思いつつ、kindle版で、ペーパーバック版を超える値段(2000円超)だったので、サンプルだけダウンロードして、しばらく待つことにする。何しろ1巻目のkindle版は250円(!)になっている。

このBook of Dust は、日本語の翻訳もでた「ライラの冒険シリーズ」の一部で(日本語で出たのは最初の3作のみ)、このライラの冒険シリーズは大好きなのだが(特に2巻目『神秘の短剣』が好き)、日本語版はハードカバーも文庫も絶版になっているようで、kindle版もないので、すごくおもしろいファンタジー作品なのに、今後(また映画とかになって、話題になって、本を新しく刷らないかぎりは)、昔のわたしのように、偶然手にして、読んで、はまって…なんていう読者は出てこないんだろうな…と思うと、非常にもったいないなあと思う。フィリップ・プルマン、とてもおもしろいのに…。

ライラの冒険」の2巻の『神秘の短剣」では、読みつつ泣きそうになってしまったところがあるし、(翻訳版がなかったので)英語で読んだサリー・ロックハートシリーズの、やはり2巻目の “The Shadow in the North”でも、泣きそうになった。

まったくの物語、つまりウソの話が、現実の涙を流させるなんて…! それだけ物語として、力があるのだと思う(世間では、よく本を読んで、「泣きました!」とか、「号泣した!」とかあるけれど、あれって本当なのかな…。わたしは、本を読んで泣くことはほとんどない)。

と書きつつ、前巻の“La Belle Sauvage” は、手放しでおもしろいとはいえない、ちょっとヘンな話だった。途中、超・偏執的なキモチのよくない人物が出てきて、出てくるだけでなく、その人物がストーリーの中で重要な役割を担い、主役の少年に「これでもか」というくらいに災難がふりかかるので、読みつつ、かなりつらく、しんどくなってしまった。その人物にも裏がありそうで、しかし、その話の中では解き明かされなかったので、2巻目でなんらかの展開があるのか…。

というわけで、サンプルの巻頭を読みつつ(ちょっとだけなんだろうな…)、価格が下がるのを待とうと思う。