もすもすスープの暮らし

記述には時差があります。ゆるくイタリア語を学習しています。

ヴァージニア・ユウワー・ウルフ ”The Mozart Season" 読了 ♪

ヴァージニア・ユウワー・ウルフ(「ダロウェイ夫人」とかで有名なイギリスの作家・ヴァージニア・ウルフとは違う)は、日本では「レモネードを作ろう」が出ています。思春期の女の子の揺れる心の動きを描かせたら、ピカイチ!という感じの作家です。

 わたしは、この「レモネードを作ろう」を最初に図書館で見つけて読んでとても、「じーん」としたので、そのあと彼女の作品を探して(翻訳されたものがなかったので)「レモネードを作ろう(Make Lemonade)」の続編にあたる "True Beliver"と "This Full House" 、それから、まったく別の物語である、"The Mozart Season" をペーパーバックで読みました。どれも、女の子の繊細な気持ちを切り取った、とてもすてきな物語です。

f:id:mostarda:20191128204304j:plain

 "The Mozart Season" は、ヴァイオリンコンクールのファイナルに出場することになった、12歳の少女のひと夏の物語です。その簡単なプロットだけでも魅力的なのですが、登場する人物が(死人も含め)みんな個性的で、それぞれ背後に物語を抱えていて、お話を重層的にしています。音楽コンクールものといっても、派手な話ではありません。淡々とした、静かで、個人的な物語です。

 少女が始終練習しているモーツァルトのコンチェルト(4番)以外にも、いろいろな曲が出てきて(どの曲もナイス!)、物語の進行中つねに音楽が響いている感じです。

特に終盤のほうに、イザークパールマンの奥さんが妊娠したときに、アンドレ・プレヴィンが、「生まれてくる赤ちゃんのために」作った、という静かな曲が登場するのですが、これがまたすてきな曲。


Andres Cardenes plays Previn - Two Little Serenades - 2. Naava

主人公の女の子はこの曲を、It's a perfect song for a little girl. (小さな女の子にこれ以上ないぴったりな歌)と表現しています。12歳なのに、こんな曲をさらりと弾けるんだから、すごいなぁ、ヴァイオリンを弾けて楽しいだろうなぁと思います。

f:id:mostarda:20191128204450j:plain 

また、物語のところどころに、こんなふうに楽譜(女の子が練習しているモーツァルトのコンチェルト)が入るのが、雰囲気があって楽しいのです。

 今回読んだのは、実は3回目なのですが、細かいストーリーは、覚えていたのが半分、忘れていたのが半分、というところ。

でも、とってもチャーミングな最後はすごくよく覚えていて、この最後を読むためだけでも、この1冊を読む価値はあると思うのです。

ヤングアダルトなので、英語はそう難しくありません。今は、キンドルもあるようです。